子供がいない共働き夫婦の家計をざっくり公開。別財布・同じ財布、どっちがいい?

金銭感覚が一致していることは、円満な夫婦生活を送っていく上でとても重要な事ですよね。

うちは結婚当初から同じ財布で家計管理をしていますが、そのおかげで、私はお金に関するストレスとは無縁の生活を送れています。本当にありがたいことです。

別財布でも、同じ財布でも、二人が納得できていて、二人とも幸せならOKであって、どちらのスタイルが正解という話ではないと思います。

うちはけっこうざっくりした感じで運営してるので全く参考にならないかもしれませんが、公開してみます。

住宅・光熱費は夫の口座から引き落とし

・住宅ローン
・マンション管理費
・ネット
・水道
・ガス
・電気

これらは夫の口座から引き落としにしてもらっています。

個人の名義で契約している携帯・保険などは各々の口座から引き落とし

・スマホ
・保険
・ペット保険
・hulu・クックパッドプレミアム等のアプリの月会費
・WEBサイト運営用のドメイン、サーバー代

お小遣いは夫婦同額1.5万円

最初は3万円からスタートしたのですが、結婚半年後くらいに夫婦で話し合った結果1.5万円でもいけるんじゃないか?って事になりまして、それ以来この金額でがんばっています。

夫の主な使い道は、おやつ代、ジャンプ代。
私の主な使い道は、友達と会うときの飲食代です。

交通費・被服費・仕事に関する本等は経費扱い

お小遣い少なすぎないか!?って思ったみなさま。慌てないで下さい。うちにはお小遣いとは別に経費枠があるのです。

・交通費は経費。通勤に必要な定期代+1万円を毎月suicaにチャージしています。

・下着・肌着・靴下・シャツ等消耗品扱いの衣類は経費扱い。

・洋服は最低限必要なアイテムの場合は経費扱い。ただし、ファッションの趣味としてアイテムを増やす場合は趣味費としてお小遣いから払う。

※夫はおしゃれに全く興味がなく1年中ほぼ同じ服装(GUで買った服)で過ごしています(汗)でも逆に私が買う洋服や靴やバッグに関しては「お小遣いじゃなくて経費で買いなよ!」と言ってくれます。甘やかされています♡

・お互いの仕事に関する本、興味のあるジャンルの本は経費扱いです。ファッションには興味のない夫ですが、仕事に関する専門書とかはドーンと買ったりします。これは月によってばらつきがありますが0円〜2万円くらいの範囲で収まっていると思います。月平均だと3000円〜5000円程度かな。(※ざっくり家計なので)

・会社の飲み会(歓迎会・送別会等)は経費。

・記念日などのデート・食事代はイベント費として経費から計上。
プレゼントは頑張ってお小遣いを節約して貯めて買ったり、相手がそのときに欲しいものを経費で買ったり、はっきりとしたルール化はされていません。

食費(お昼代・外食費含む)と雑費の予算は7万円

共働きでお互い帰りが遅いときは、サクッと外食しちゃってました。
外食すると安い定食屋さんでも二人で1500円〜2000円かかっちゃいますが、家での”時間”を確保するための必要経費として考えています。

※7万円を使い切ることはなく、1〜2万円は余る月が多いです。

お給料から、お小遣い・食費、口座引き落とし分を除いた残りを貯金する!!

二人のお給料から下記の分をひいた残りが貯金額となります。

・お小遣い:1.5万円×2
・食費7万円
・銀行引き落とし分
・交通費等の現金支払い分

うちは、昔ながらの家計簿もつけてないし、マネーフォワード等の家計簿アプリも使っていないですが、少なくても毎月30万円くらいは貯金できています。(※共働き時)

ざっくりしている家計管理方法ですが、年間の収入と支出のおおまかな数字は把握しているので、あとは口座のお金が計画通りに増えていく事を夫婦二人で確認するというスタイルになっています。

同じ財布で管理しているからこそ、ざっくり家計でも大丈夫という安心感があります。

毎月の貯金額、年間の貯金額

月30万円貯金できると、一年では360万円貯められます。

※夫は年俸制でボーナスは出たり出なかったりなので予算に入れていません。今年はありがたいことにボーナスいただけました☆

結婚1年目は結婚関連のもろもろ、マンション購入のもろもろ、家具・家電買い替えのもろもろ、犬関連のもろもろなどで、かなり出費がかさみましたが、2年目はそこそこ計画通りに貯める事が出来ました。

結婚から丸2年間は共働きでしたが、今月から私が専業主婦をやっているので、もうちょい食費のあたりを引き締めていかなければ!と思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加