家計管理で一番怖い事は現状把握できていないこと

夫が私になんの相談もなく2か月会社を休んでいた&クレジットカードが定額リボ払いになっていた事件があってから、家計管理を通して夫婦のあり方についても改めて考えています。

我が家は一つの財布で夫婦一緒に家計管理得をしていました。いえ、しているつもりでした・・・。でも、数週...

家計管理は目に見える形で行うのがベスト

今回の失敗の原因は、夫のメイン通帳とメインクレジットカードの明細が目に見える形になっていなかったことです。

目に見えないけど夫はちゃんとやってくれているであろうと私は妄信していたのですが…甘かったです。

今回の事は私達夫婦がお互いのお金の流れをちゃんと目に見える形で共有できていたらすぐに気づいたと思います。

家計管理で一番怖いのは、現状把握がちゃんと出来ていない事だなぁと実感しました。

 

透明性ある家計管理が全ての土台

お金の管理は、夫婦一緒でも、どちらかに任せてもいいと思います。

でも、お金の出入りの全貌については不明瞭な部分を残しちゃいけないですね。

お金がいくら入って、いくら出ていって、いくら残るのか?

単純なことなのですが、これが家計管理の基本であり土台。

これがグラつくような状態で節約しても投資をしてもムダだと思いました。

 

夫の事は信じる。ただし同じ過ちは許さないと思う

無自覚なまま、クレジットカードが定額リボ払いになっていた事については夫の言い分をそのまま信じて許しました。

ただ、私は嘘・偽り・誤摩化しが大嫌いなので、2回目があった場合は許せなくなるだろうなと思っています。

でも、無断で2か月も会社に行ってなかった事については、夫婦2人の今後の人生と働き方に関わる重大な問題なので、きっちりと話し合いをしました。

 

この話はまた別記事で書きますね。

 

↓書きました!

夫が会社に行ってなかった期間は、転職先が決まり退職するまでの約2か月間の間でした。http://35...

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加